平成30年 四国照明賞
日本福音協会 松山福音センター 大洲キリスト協会

愛媛県 大洲市 / 日本福音協会 松山福音センター 大洲キリスト協会
照明設計 / 宮地電機
施設の概要(施設の用途、規模、特徴)施設の概要(施設の用途、規模、特徴)

松山市に本部をもつ、プロテスタント系のキリスト協会であり、将来の南予(愛媛県南部地域)のリバイバル拠点教会として機能し、礼拝だけでなく地域の後援会やイベント、コンサートホール等に活用され、将来の成長や可能性の広がりを受けとめられる教会として計画された。通りに面したエリアは開放的なイメージで、日常的に人々が利用しやすい空間となっており、通常はカフェ、ショップを伴ったロビーとして活用されるが、1つの空間をフレキシブルに間仕切ることで多用途に活用できるスペースとなっている。

照明設備(光源、器具、照度、照明の特徴)

全ての照明に、省エネルギー性・メンテナンス性共に優れたLED照明を採用している。色温度は外部・内部共に色温度2,700~3,000Kに統一することで、空間に広がる温かみのある光が、訪れる人々の心に落ち着きを与え、集いの空間としての演出効果をもたらしている。建物正面に設置したアウトドアスポット(1,480lm、3,000K、26.0W、Ra83)は、配光40°で建築構造部を照らし上げることで、外観を浮かび上がらせ施設の存在感を引き当てると同時に、地域住民の人々が親しみを持てるシンボル的存在としての夜景となっている。

PAGE TOP