平成24年四国照明賞 愛媛県 松山市「街並みにとけこむ家」
照明設計/宮地電機

「住まいの照明は、温かなあかりに包まれる」を照明コンセプトとして設計された木造2階建ての住宅である。温かな光色を採用して、明るさの必要な箇所に必要な明るさを提供するために、その場所に応じた照明器具の活用をしている。スイッチや調光器で効率的な明るさを調整して、心地よい照明で過ごすことができる。

エクステリアの照明は、ブランケットや地中差込式ガーデンライトなどに約3,000Kの温かな光色の低消費電力LEDを採用している。駐車場や玄関、樹木などを、周囲環境を考えて明るさを抑えた温かなあかりで心地よく照らしている。また、インテリアの照明は間接照明には電球色3,000Kの高演色蛍光灯を採用し、ダウンライトやブランケットはクリプトン電球60Wを採用して調光できるようにしている。食卓にはクリプトン電球60Wの調光付きペンダントを採用し、好みの明るさで食事を楽しめるようにしている。

PAGE TOP