平成25年四国照明賞 愛媛県 松山市「愛媛生協病院新病院」
照明設計/宮地電機

「患者の立場に立って親切でよい医療」「いつでも、どこでも、安心して医療・福祉が受けられる」ことを目指して、1986年に開設された病院である。老朽化に伴い、このほど新築された。

屋内の主要な場所はもちろん、駐車場にもLEDを採用し、環境に配慮している。患者にとってグレアが少なく、優しい照明となるように、病院のベット上部のブランケットには上下配光の間接照明を採用している。廊下はダウンライトを壁面に近づけて鉛直面の照度アップを図り、実際よりも明るさ感のある仕上がりとなった。

PAGE TOP