平成26年四国照明賞 香川県 綾歌郡「綾川クリニック」
照明設計/宮地電機

香川県郊外に建つ人工透析部門を備えた内科医院である。 システム建築を採用しながらも、意匠的なアクセント/奥行き感を設けメリハリのある 施設計画をおこなっている。内部はルーティンな利用に配慮し、「暖かなくつろぎ」を テーマとしている。

待合室は2700~3000Kの電球色、診察室は4000Kで統一し、全体的に色温度を低く抑えた落ち着きのある雰囲気となっている。 患者が「リラックス出来る空間」を第一に考え、照度が必要な箇所も、極力ベース照明は用いずに間接照明によって照度を確保している。

PAGE TOP