平成27年四国照明賞 愛媛県 西予市「朝立会館」
照明設計/宮地電機

旧会館の老朽化に伴い、愛媛県西予市三瓶地域の伝統芸能「朝日文楽」の活動拠点として建設。ふすま絵によって人形劇の奥行きを演出する舞台装置「八段返し」を常設している。1階の多目的室には観客席155人分を設け、文楽のほか講演会やコンサートなどにも活用できる。

「八段返し」は奥に進むにつれて暗くなりがちであるため、襖絵の前方に上下にLED照明を取り付け、明るくなるように工夫した。ホール内照度は明るすぎないように設計平均照度280LXに設定し、調光制御のうえ、省エネルギーを考慮している。

PAGE TOP