奨学金返還支援制度

制度制定の目的
現在、大学生の2人に1人が奨学金を利用しており、卒業後は15年近い期間に亘って返済義務を負うなど、奨学金の返還に苦しむ若者が少なくありません。 宮地電機株式会社では、この経済的負担を少しでも軽減することと同時に、当社のよい文化の一つである「学び続ける」ことを支援することを大きな目的として、奨学金返還支援制度を制定しました。 この制度の支援を受けることにより、本や新聞の購読、通信教育受講、資格取得チャレンジなど、自己成長にかかる投資費用の原資にもしていただきたいと考えています。
制度の概要
支援対象となる社員が3年間勤務した時に、4年目から5年間に亘り、総額で最大70万円の奨学金返還原資を会社が対象社員に支給しています。
支援対象者
次のすべてに該当する社員とします。
(1)勤続3年を経過し、支援金支給日に正常に勤務している満35歳未満の社員。
(2)勤務態度は良好で、将来も継続して当社で成果を上げる意欲があること。
(3)日本学生支援機構もしくは地方自治体の奨学金の返還残高があり、滞納歴がないこと。
支援額と支援方法
(1)支援額は日本学生支援機構もしくは地方自治体の奨学金の借入総額の3分の1と同奨学金返還残高のいずれか少ない方の額で、上限額は70万円とします。
(2)支援期間は勤続4年目から8年目までの5年間とし、毎年6月に支援額の5分の1を奨学金の返済に充てる費用として、本人に支払います。
対象者
2017~2021年度に入社する社員のほか、現在在籍している社員も対象としています。

※写真はイメージです。

宮地電機がどんな会社か?分かりやすくお伝えします